MacBook Pro 16inch(Late2021)の内蔵ディスプレイは4Kじゃなかった、でも凄い

やり方・使い方

Mac Book Pro 16inch (Late 2021)の内蔵ディスプレイ」は4Kではない

え、知ってた?!

「いやいや4Kっしょ!だって色々書いてあったし!」というあなたへお送りします

とにかくめっちゃ綺麗だし、これは4Kに違いない!

それは思い込み☆

スポンサーリンク

答え:MacBook Proの内蔵ディスプレイは4Kではない

Reddit(英語圏の掲示板)にこんなスレッドを見つけました

Is the Macbook Pro’s Retina Display considered a 4K display?

You need to count the pixels in one horizontal line. If you get about 4000, then it’s ~4K. the largest Macbook display has 2880, which is a lot, but considerably short of 4K.

Reddit

8年前のRedditのスレッドなので、数値は古いですが、こういうことを言っています

Macbook ProのRetinaディスプレイは4Kディスプレイと言えるのか?

横1列のピクセルを数える必要があります。Macbookの最大のディスプレイは2880個で、これは多いのですが、4Kにはかなり足りません。

4Kかどうか、というのはとにかく「縦横のピクセル数」で決まるんですね!

そこで、Late2021モデル 最新のMacBook Pro 16inchのサイズを見てみると、

MacBook Pro 14インチと16インチモデル

3,456 ×2,234

び、微妙に足りない‥!

ちなみに、4K、8Kなどの「K」は「1,000」という意味です
「4K」は横のドット数が3,840で約4,000なので4Kと呼ばれています。


フルHDや4K、解像度って何?意外と知らないPCディスプレイの基礎知識

約4,000だから4K!えっそこは「約」でいいんだ!

3,840-3,456=384

のこり384って、そこをなんとか足せなかったの?!

という感じですがとにかく内蔵ディスプレイは3,840以下なので、

MacBook Pro は4Kではないんですね

4KとUHD

これまたわかりづらいのですが、動画編集ソフトDaVinci Resolveで「4K設定」にするとき

「4K」という表記はありません

「3,840 × 2,160 Ultra HD」を選択します

「4K」と一言でいっても、その地域によってイメージされるものが異なります。日本で4Kと言えば、テレビ放送での4Kがイメージされるでしょうし、ハリウッドのフィルム市場のある米国で4Kと言えば、デジタルシネマ規格のフル4Kがイメージされるでしょう。

4KとUHDの違い

地域まででてきちゃったよ‥!

ここからは、さらに動画編集関係に掘り下げてお伝えします!

スポンサーリンク

4KでYou Tubeに動画投稿する必要、ある?

そもそもYou Tubeに動画投稿するなら、

(You Tubeは4Kに対応しているけど)ぜんぜんHDでいいじゃん、と考えていたのですが

実はYouTubeの動画は4Kで投稿した方が良い。|Toshiki Shibata|note
こんにちは、Toshikiです。 今回のnoteでは「4K vs 1080p」について説明していこうとおもいます。 始めに結論をお伝えすると 「4Kで撮影できるカメラを使用しているなら、 どんな動画を作る時でも4Kを使い編集&書き出した方が良い。」 というのが僕の考えです。 もしこれから動画投稿を始める人た...

この記事を拝読したあと、「むむ、せっかくならやはり4Kでアップしたほうが良いのか!」と納得

動画編集ソフトはDaVinci Resolve

無料版でも4Kまでは編集できるらしい!(最高!)

ちなみにこちらは、Apple公式サイトのGPUパフォーマンスの紹介ページ

16:64GBのRAMと8TBのSSDを装備した10コアCPU、32コアGPUのApple M1 Max搭載14インチMacBook Pro試作モデル、32GBのRAMと8TBのSSDを装備した10コアCPU、16コアGPUのApple M1 Pro搭載14インチMacBook Pro試作モデル、Intel Iris Plus Graphics、32GBのRAM、4TBのSSDを装備した2.3GHzクアッドコアIntel Core i7搭載13インチMacBook Pro量産モデルを使用し、2021年9月にAppleが実施したテスト結果によります。64GBのRAMを装備した10コアCPU、32コアGPUのApple M1 Max搭載16インチMacBook Pro試作モデル、32GBのRAMを装備した10コアCPU、16コアGPUのApple M1 Pro搭載16インチMacBook Pro試作モデル、Radeon Pro 5600Mグラフィックス、8GBのHBM2、64GBのRAMを装備した2.4GHz 8コアIntel Core i9搭載16インチMacBook Pro量産モデルを使用し、2021年9月にAppleが実施したテスト結果によります。すべてのシステムに8TBのSSDを実装。レンズフレアエフェクトと、3,840×2,160解像度、毎秒24フレームの10秒のUHDプロジェクトを使用し、リリース前のDaVinci Resolve Studio 17.4でテストを実施。パフォーマンステストは特定のコンピュータシステムを使って実施したもので、MacBook Proのおおよその性能を示しています。(Apple公式サイトより

自分思っているMacBook Proより更にハイスペックなものでテストされた状態ですが、

エフェクトなどもぜんぜんいけそう‥

4Kで撮影し、4Kで編集し、4Kで書き出し、4Kでアップロードする

(撮影:Sonyのカメラ、編集と書き出し:MacBook ProとDaVinci Resolve、アップロード:You Tube)

いけそうですね〜!

XDRディスプレイは超綺麗で全然凄い

MacBook Pro、内蔵のディスプレイ 4Kじゃないならすごくないの?

というと、

全然めちゃくちゃ恐ろしいくらい凄まじく綺麗です

エグいほど綺麗です‥

↑保護シートを貼りつけ済みですが、その保護シートのちょっとしたざらつきすらちょっと気になってきたレベル‥

コントラスト比や輝度の凄さ、が美しさのポイントかなと思います!

MacBook Pro 14インチと16インチモデル

外部ディスプレイへの出力も凄い

MacBook Proと他のモニターを繋いでの出力もしゅっごいです…!

2台の6Kディスプレイで左に素材、右に編集画面で動画編集したいw ガチすぎるw

MacBook Pro 14インチと16インチモデル

ちなみに iMac 24 inchは4.5K

Pro以前に24インチ iMacを使っていたのですが、こちらは4.5K

4,480 × 2,520

24インチiMac

Nice!絶対に4K以上のディスプレイがいいっていう方はありかもしれませんね

こちらは5K

参考記事

テレビの画面は色のついた「点」の集まりで構成されており、この「点」を「画素」と言います。
従来のフルHD(ハイビジョン)の画像は、水平画素数1,920 × 垂直画素数1,080 の 約207万画素で構成されています。
4Kは、水平画素数・垂直画素数がフルHDの倍(3,840×2,160)、総画素数がフルHDの4倍 約829万画素の高精細な映像のことを指します。
※『K』は、1,000を表す「キロ」の意味。水平画素数が 約4,000 であることから、4Kと呼ばれています。

4Kとは何ですか
4Kとは何ですか | JCOMサポート

まとめ

4Kで撮影し、4Kで編集し、4Kで書き出し、4Kでアップロードする

(撮影:Sonyのカメラ、編集と書き出し:MacBook ProとDaVinci Resolve、アップロード:You Tube)

この4Kで編集するとき、わたしはMacBook Proの内蔵ディスプレイを使うんだけども、

内蔵ディスプレイ(3,456 ×2,234)で編集素材を見ている=見ている画面自体は4Kではない

けど、

素材としての4Kは編集できる

フルHD・4K・8Kについて「画素数」で定義するんだっていうことが、全く体感として分かっていなかった…

これから4K動画編集や4Kの撮影を調べて試していく中で、これは!と思うものをシェアしていきたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました