Air Pods第2世代は強かった、12階からうっかり落としても無事だった話

もう2度と君をなくさない、そう誓ったんだ

みなさんはAirPodsを12階から落としてしまったことはあるでしょうか
私はあります
今日はそんなお話

あれはまだ春のこと
爽やかな陽気のころ
毎日毎日Podsを大事に使っていて、しかし時々お店に置き忘れたりして
それでも「探す」機能を使って何度も私のもとに帰ってきてくれたAirPods(第2世代)

かれこれもう約2年使っていますが、本当に快適で使わない日はないんじゃないかっていうくらい重宝しています

有線のほうが音イイに決まってるでしょwと
無線イヤホンには結構抵抗があったのですが、使ってみるとその快適さがすごい
音もめちゃくちゃいい
電話のときなんかもうなんか自分が進化した気分になれる

さてPodsヘビーユーザーのわたしがその日もいつも通りにAirPodsを耳に挿して音楽を聴いていました
たまたま12階にいました、わりとスケルトンな場所に
なんというか、壁とかであまり守られていない場所だったのです
高所恐怖症の人だったら多分、立っていられないようなところ
ここで物を落としたら危ないし、気をつけないとなと思っていました


お昼過ぎ、風も気持ちよく、
そろそろ移動しようかな
と思った瞬間
「あの、、、」と
偶然に声をかけられ
元来びっくり症(自分の意識に入り込みすぎていて突然話しかけられたりすると過剰にびっくりしてしまう病、命名は私)のわたしは、
驚きに驚いて、
その時しまおうとしていたAirPodsが手から離れてしまったのです!

コロコロ…
絵本でこういうのあったな、というくらいきれいに転がってゆく

勢いを持って転がるPodsのケース、そして左耳と右耳!
「やばい」
「まじでやばい」
焦りまくりましたが、重みがあるせいかケースだけはなんとか落っこちる前にキャッチできた
「やばい」
「おとした」
焦った私はまずすぐ近くをぐるぐると捜索した
「大丈夫ですかー?」
「あ、ぜんぜん大丈夫です!」と全然大丈夫じゃないし冷や汗をいっぱいかきながら探すと
少し下のところに右耳の姿が!

「おとしちゃったんですか?」
「あ、全然だいじょうぶでした!」と言いながらも全然だいじょばない感じで
その方を見送ったあと更に捜索

「え」
「ない」
「どうしようまじでない」
泣きそうになりながらPodsの「探す」機能を思い出し、左耳だけを鳴らすよう設定
「聴こえない…」
「まさか下に…?」

嫌な予感が押し寄せます
もし人にぶつかっていたら?
物にあたっていたら?
ああ私はなんて馬鹿なんだろう…
そう、重苦しい気持ちに苛まれながらとりあえず1階まで捜索しながら降りていきます

「ないな…」
「人が行けない場所に落ちた可能性もあるかな…」
風にのって普段人が入れていないような場所にないか目視で必死に探します
まいった、マジでない
やばい
これはやばい

警備員の方に「私のPods見ませんでしたか」「いや〜おとしものはないですねえ〜」と確認し、
とりあえず目視で見られそうなところはすべてみて、
「探す」の音を鳴らしてもわからず、
困った私はサポートセンターに電話しました
「Appleサポートセンターです」
「すみません、、Podsの片耳失くしちゃった場合っていくらくらいですか…」

AirPods や AirPods ケースの修理・交換 - Apple サポート 公式サイト (日本)
AirPods の修理が必要なときは、お近くの Apple Store や Apple 正規サービスプロバイダへ。このページでは、修理サービスの方法、料金、所要時間、その他についてご案内します。

「そうだったんですね、「探す」機能は使ってみられましたか?」
「はい…」
「AppleCareには入っていますか?」
「入っていないです。。。」
「紛失の場合はこのような料金になっていますが、なにか協力できることはありますか…?」
「ありがとうございます…もう少し探してみます」
重苦しい中回答をもらい電話を切った
つらい、かなりつらい。
失くしちゃった、私のPods,,,奇跡的に1年半なんとかなくさずに来れたのに…

「うっ…」
Appleのサポートセンターの人はとても優しくて、電話を切ったとき少し泣いてしまった
もうだめなんだな、きっと
「最後にもう一回だけ、鳴らしてみよう」

Podsの「探す」機能はおそらくPods本体の充電も奪うのだろう
これまで結構鳴らして探していた私には、これが最後のチャンスに思えた

「ピピピッ ピピピッ」
「もう、右耳じゃなくて左耳だってば、右耳ったら」
探しすぎてPodsを擬人化し私はだいぶテンションがおかしくなっていた
薄暗くなってきた夕方、半泣きで辺りをうろうろするアラサー
「ないよなぁ…」
そう思っていたのだが
辺りを広くぐるりと一周するうちに、
「?」
「もしかして、鳴ってる?」
本当に、ささやくように、虫の鳴声のようなPodsの声が聴こえた気がした

「まさか…さっきこの辺りはくまなく見たはず…」
「でも…」
ますます暗くなってくる中、耳に全神経を集中させる
まだ虫が煩く鳴く季節じゃなかったから、耳を澄ますことができたのかもしれない
「お願いPods… どこにいるか教えて!」
「…」

「まさか…さっきこの辺りはくまなく見たはず…」
「でも…」
ますます暗くなってくる中、耳に全神経を集中させる
まだ虫が煩く鳴く季節じゃなかったから、耳を澄ますことができたのかもしれない
「お願いPods… どこにいるか教えて!」
「…」

「まさか…さっきこの辺りはくまなく見たはず…」
「でも…」
ますます暗くなってくる中、耳に全神経を集中させる
まだ虫が煩く鳴く季節じゃなかったから、耳を澄ますことができたのかもしれない
「お願いPods… どこにいるか教えて!」
「…」
「ここはさっき見たけど…でもこの辺りで聞こえるような気がする…?」
道路から少し離れた場所、その辺りを探したのは3回目くらいで、
ぐるぐる耳を澄ませながら歩いていると、
その時かすかに、「ピピピ」よりもちいさい「ッッ」

「いや,ある」
「これ絶対ある!」
耳を澄ませた、右側の方から聴こえてくる!

ない、ない、ない、、、
あ。。。。

あった!

あった!!!

あったー!!!!
排水のための網のすぐ近く、キワのところに落ちている!
私のPodsだ!
ピピピッ…. 小さな声で泣いている!!

カシャ(Podsがケースに収まる音)

よ…
よかった…
無事に戻ったPodsは、かすり傷程度で済み、そのまま何事もなく使えました

ほんの少し傷がついた
それも愛しいぜ…

充電は65%に減っていた
雨が降る前で良かった
排水溝に落ちていなくてよかった
ひとやものに当たったようなこともなかったようで良かった
少し離れた場所にあったので、つたいながら落ちていったのだと思う

それ以来、なくしていない
でもまたなくすかもしれない
その時はまた必ず、見つけるからね
これからもずっと一緒だよ、Pods…

(そんな愛しのPodsをメルカリで売って第3世代買うのもいいかなと血迷った記事はこちら)

Apple!最高!
AirPodsさいこう!
みんな、耐久性はバッチリだ!私が証明済みだぜ!

耐久試験もパスしちゃうPodsをよろしくな!!!

AirPodsは落下、洗濯、潜水に耐えられる?実験動画が公開!
  発売されたばかりのAirPodsを落下、洗濯、潜水させた場合の耐久性を試す実験動画が公開されました。 まずはAirPodsの落下テスト 19日に発売されたばかりのAirPodsを過酷な実験にさらす動画を公開

ビルの12階=35~40mから落下したってことか…すごいな。。。
落下物には気をつけましょう涙
今後一層気をつけます!涙

12階建てのマンションだと、ざっくり全長何メートル位の高さなんでしょう。
12階建てのマンションだと、ざっくり全長何メートル位の高さなんでしょう。

I’ll never lose you again, I swore.

Have you ever dropped your AirPods from the 12th floor?
I have.
Today’s story is about that.

It was still spring
It was still spring when the weather was fresh and sunny
I was using them every day, but sometimes I left them at the store.
But I still used the “Find” function to find my AirPods (2nd generation), and they came back to me again and again.

I’ve been using them for about two years now, and they’re so comfortable that I can’t go a day without using them.

I thought, “Of course wireless earphones sound better.
I was not a fan of wireless earphones, but when I tried them, the comfort was amazing!
The sound is really good.
When I’m on the phone, I feel like I’ve evolved.

Now, I’m a heavy user of AirPods, and I was listening to music with them in my ears as usual that day.
I happened to be on the 12th floor, in a rather skeletal place.
It wasn’t very well protected by walls or anything!
If you were afraid of heights, you wouldn’t be able to stand for a minute.
I thought it would be dangerous if I dropped something here, so I had to be careful.

It was past noon, and the wind was blowing nicely.
I was about to move on.
Just when I was thinking
I was about to move on, when I happened to hear someone say, “Um…”
By chance, I was approached.
As an astonishment sufferer (a disease in which I am overly involved in my consciousness and get overly surprised when someone suddenly speaks to me.
I was surprised by the surprise.
The AirPods I was about to put away fell out of my hands!

The AirPods fell out of my hands!
It’s like something out of a picture book.

The case of the AirPods, the left ear, and the right ear!
“Oh, man.
“Seriously.”
I was in a panic, but I managed to catch the case before it fell because of its weight.
“Oh no!
“I lost it.”
In a panic, I first searched the immediate area in circles.
“Are you okay?
“Oh, I’m fine!” But it’s not okay at all, and I broke out in a cold sweat as I searched.
I found my right ear a little lower down!
“Did you lose it?””Oh, it was totally fine!” I said, but I was like, no problem at all.
After I saw him off, I searched further.

“Yes.”
“Nothing.
“Oh, my God, it’s not here.”
On the verge of tears, I remembered the “Find” function on my pods and set it to ring only in my left ear.
“I can’t hear it…
“I can’t hear it…” “It’s down there…”

A bad feeling washes over me.
What if I’ve bumped into someone?
What if I hit something?
Oh, what an idiot I am…
So, with a heavy heart, I went down to the first floor to search.

“There’s nothing…”
“It’s possible that it fell in a place where people can’t go…
I searched desperately with my eyes to see if I could find it in a place where people don’t usually go, carried by the wind.
Oh no, it’s not there.
Oh no!
This is bad!

I asked the security guard, “Have you seen my pods?” “No, I don’t see any lost items.
I looked everywhere I could visually see.
“I looked everywhere I could visually see.
I called the support center.
“Apple Support Center.”
“Excuse me, how much does it cost to lose one of my pods…”

“I see. Have you tried using the Find feature?
“Yes…
“Do you have AppleCare?
“No, I don’t.
“Is there anything I can do to help?
“Thank you… I’ll look around some more.”
I got a grim answer and hung up the phone.
It was painful, very painful.
I’ve lost my pods, my pods, my pods, my pods, my pods.

“Ugh…”
The person at Apple’s support center was so kind that I cried a little when I hung up the phone.
I guess I’m screwed.
“Let’s give it one last try.”

The “Find” function of the Pods probably takes away the charge of the Pods themselves.
I’d been ringing and ringing for quite a while, but this seemed like my last chance.

“Beep, beep, beep.”
“Oh, my God, not my right ear, my left ear, my right ear.”
I’d been looking for them so much that I’d anthropomorphized the pods, and I was going crazy.
It was getting dark in the evening, and I was wandering around half-crying.
“There’s no way…”
That’s what I was thinking.
As I circled the area in a wide circle.
“What?”
“Could it be buzzing?”
I thought I heard Pods’ voice, really, like a whisper, like the buzz of an insect.

“I don’t think so… we’ve looked everywhere around here…
“But…”
It was getting darker and darker, and I focused all my attention on my ears.
Maybe it was because it was not yet the season for insects to be buzzing, so I could listen more carefully.
“Please Pods… tell me where you are!
“No…”

“I don’t think… we’ve looked everywhere around here…
“But…
It was getting darker and darker, and I focused all my attention on my ears.
Maybe it was because it was not yet the season for insects to be buzzing, so I could listen more carefully.
“Please Pods… tell me where you are!
“No…”

“I don’t think… we’ve looked everywhere around here…
“But…
It was getting darker and darker, and I focused all my attention on my ears.
Maybe it was because it was not yet the season for insects to be buzzing, so I could listen more carefully.
“Please Pods… tell me where you are!
“I…
“I saw them here earlier, but I think I hear them around here…?
A little ways off the road, it was about the third time I’d looked in that area.
I walked in circles, listening carefully.
As I walked in circles, I heard a faint sound, smaller than a “beep”.

“No, there it is.”
“There it is!”
It’s coming from the right side of my ear!

No, no, no, no…
Oh 。。。。

There it is!

There it is!

There it is! !!!!
They fell in the crevice, right near the netting for drainage!
It’s my Pods!
Beep, beep. …. He’s crying in a little voice!

Kasha (sound of pods settling into their cases)

Yo…
Thank goodness…
The pods came back safe and sound, with only a scratch or two, and I was able to use them without any problems!

Just a few scratches.
Gotta love that…

The charge was down to 65%.
Good thing it was before the rain.
I’m glad it didn’t fall down the drain.
I’m glad it didn’t seem to have hit anyone or anything.
It was a little far away, so it must have fallen down while poking around.

I haven’t lost it since then.
But I might lose it again.
And when I do, I’ll find it again.
I’ll always be with you, Pods…

(Click here to read an article about selling my beloved Pods on Mercari and buying the 3rd generation.)

Apple!
I love my AirPods!
They’re so durable! I’ve proven it!

I’ve proven it! They’ve passed the durability test!


The AirPods were dropped from the 12th floor of a building (35-40 meters)…wow.
Be careful of falling objects.
I’ll be even more careful from now on! Tears

コメント

タイトルとURLをコピーしました