ウクライナ侵攻をTVで見続ける残酷さ|戦争反対

勉強・雑記

お願いだから戦争をやめてほしい

どうにかならないのか?

株をかじっているものとして、もしかしたら近くなにかロシアの動きがあるのかも、
と証券会社のニュースを見て思っていた
でもそれは実際には起き得ない出来事、ありえないだろうと思っていた
株をやるものとしては、ニュースに冷静に対処しなければならない
金融・経済・自然災害・戦争や要人発言が株価を動かす要素で
ニュースが大きいほど大きく動くことが多いから

何も起きないだろう、そう思っていた私は甘かった

今、目の前に映し出される映像が今日の現実のものと思えない
もちろん、自分が生きている間に戦争や紛争、侵攻はこれまでもたくさんあったし
いまでもいろんな地域にあるだろうし
全部に理解をしていたわけでも支援ができていたわけでもない
自分の人生に必死だったし、調べもしないし、余裕もないという状態
それは振り返ってみると国際人として恥ずかしいことなのかもしれない
でもいまは、それ以上に、いま現在進行系で起きていること
自分がちゃんと思えることを書いてみたい

携帯をみる手が止められない

日本人の一般市民として、すごく身近な出来事として今回のウクライナ侵攻を見ている
そして、本当に心の底から信じられない
こんなことが許されるのか、どうして誰も助けにきてくれないのか
なぜこんな状態になってしまったのか、どうして止められなかったのか
首都防衛戦?避難民?地下シェルター?嘘でしょと思ってしまう
それでもいま現在起きていること
ニュース、報道、一般の方のSNS、動画、次から次と状況が変わっていって
正直本当に信じられない

自分にできることがいつもない、恥ずかしい

いつでも自分の人生に必死で、人を助ける余裕も覚悟もない
国際情勢や地政学にも疎い
英語も拙い
正直、今この自分が、自分だけの場所にこういった思いを書くことすら怖い
心から自分が情けないしかっこ悪いと思う

いまこんなことしかできないのが情けないけれど、Twitterをみて寄付だけした

ウクライナ応援の寄付金口座はこちら。在日ウクライナ大使館が発表
ロシア軍の侵攻を受けているウクライナ政府が、ウクライナを応援したい人々に向けた寄付金を募っています


それも、自分の心を休める単なる偽善なのかもしれない
家族に、ずっと携帯ばかり見ていてやめなさいと言われて
本当そのとおりなんだけど‥
ちょっと手を止めないとなと本当に思う
泣きすぎてしまった

東日本大震災を経験した身から

私は2011.03.11に東日本大震災を経験しました
この「経験した」にも様々な人がいるから
正直 私は軽いほうだと思う
そして、この軽い・重いの差で、わかりあえない部分が絶対にあると思う
家は住める状態だった、食料もなんとかなった、仕事も続けていた
ただ、父は私とは別の場所にいて あの震災から心を病んでしまったと思う
それはずっと消えることがない
そして、父は震災のことを話すたびに言っていた
「誰も助けに来てくれなかった」
「ヘリが飛んでいたのに、ここに人がいることを知っているのに、違う場所に行った」と
こういう悲しみは一生消えることがない
そしてわたしも、その思いを引きずってしまっている

ま、私だって父には早く戻ってきてほしかったのだけど、私達に連絡もせずそのままずっと仕事していたので…
それはそれでこちらも恨んでいるのですがね
家族だから、それはいいんですよ
母と笑って話せるから

自然相手でも苦しい、人間に対する憎しみは辛い

本当に悲しいのは、今まさに憎しみと恨みがいっぱいいっぱい作られていること
震災や災害のようなことは本当につらい
自然相手だから、どこにも自分の怒りをぶつける場所がない、それも苦しい
そして爆弾やミサイルのような、奥に人間がいるものは、とてもつらい

憎しみの音が聞こえてくるようで
数字で何人、何百人、死んだと言われても
それはほんとうにたった一人の人間が、その生命が亡くなったということを
失われてしまったということを、知らせるにはあまりに軽い

核を盾に使うことは到底許されることではない

これはほんとうに、信じられない思い
一言でもその言葉を口に出すことは、許されない
核の弾道ミサイルだろうが、原発だろうが、とにかく
地球を破壊する、人を殲滅させる、大地をなくす、そんな恐ろしい兵器のこと
一言でも脅しのために口に出すことすら あってはならないと思う

福島原発に津波が来たときの恐怖、今でも忘れていません
この世が終わったと思った
ああもう世界が変わってしまったんだなと

そんな絶望を人間は何度経験したら気が済むのだろう?
モニター越しに見た、ヘリコプターで水を注いで行く姿、忘れない
放射線が恐ろしくてどう防いでいいかわからなくてパニックになったことも忘れない
情報が本当に錯綜してなにがなんだかわからない状況になる
電池もなくなる
ネットも繋がらない
地震があっても震度5以下ではもう驚かないけど、原発になにかあったと思ったら気が気じゃなくなる

広島・長崎であんな恐ろしいことがあって
チェルノブイリ、福島があって
歴史は繰り返すなんて、そんな言葉で片付けたくはない

日本防衛の核の議論についてはここでは触れません

安心して眠れない夜は地獄

避難所の様子や地下鉄を見ると、涙が出てくる
一般市民の話を聞くたびに、感情移入して辛くなってくる
そんなの傲慢で、欺瞞かもしれないけど
こんな寒い日に、家にいつ帰られるかもわからず、行く場所もなく、
食べ物もだんだんなくなり、床は硬く、電池がいつ次充電できるかもわからない
そんなことさせないでくれって思う 本当に‥
そしていま現時点で、自分の家に変えられるのか
家族が無事なのか、友人が元気なのかわからない状態が続いているんですよね?
こんな異常事態ありますか?

食べ物・水・空気・寝床・プライバシー・衛生の確保

つい震災のときの初期と比べてしまう
トイレットペーパーがなくなる、水が一番先になくなる
そんな中でも仕事をしている人がいる、
軍や店員さんに粋でかっこいい人がいる、SNSでバズるものが出てくる

震災のときに思ったのはアメリカの情報の正確さ、とくに放射線量のときには常にチェックが必要だった
初期はアドレナリンも出るし、カッカして眠れないことも多い
そうしてしばらくして、非日常のほうが日常になってくる
朝起きて、どうしてこうなっているんだっけ?と思うことが減ってくる
各国からの支援が嬉しかった、芸能人の炊き出しを見て感動した
歌を聞いて泣いた、音楽はしばらく聞けなかったけど、やっぱりしみるんだよね
私の場合は、絆とかがんばろう!とか言われると萎えてしまったほうだけど

震災のときに感じたことは、また3月に書きたいなと思います

ウクライナからもたくさん支援を頂いていたんだね

東日本大震災関連情報

日本政府ができること、してほしいこと

なんだろう、と考えてみた
復興支援とか人道支援とかそういう形でなら協力できるのでしょうか
周辺国に逃げた方のサポートとかもできるかもしれない
できることなら、日本の美味しいご飯と柔らかいマットレスを大量に送りたい
ホッカイロも、缶詰も、カップ麺も、電化製品でもなんでも
現地にも行かないだろう私が言うのもおこがましいですが‥
しかも、いま、現実に、目の前で、ミサイルに銃に怯えている状況で
じゃあ復興のこと、なんて考えられるはずもない
そのフェーズになったら、震災や災害の知見でできることがたくさんあるかもしれないけど
今はそんな状況じゃない
まず止めないと


もうとにかく世論として「戦争反対!」を言うしかないんじゃないでしょうか
日本が、戦争反対!核兵器は脅しに使うものではない!と言わなかったらどこがいうの?

【速報】渋谷ハチ公前に群衆が・・・ 露 ウクライナ軍事侵攻に抗議 
ロシアによるウクライナに対する軍事侵攻に抗議して、土曜日の渋谷に群衆が・・・。日本に住むウクライナ人が、ロシアの軍事侵攻に抗議するために呼びかけたもので、午後1時ごろから、大勢の人たちが、東京のJR渋谷駅前のハチ公前広場周辺を埋め尽くした。ウクライナ人や他の外国人以上に、日本人の参加者が多く、若者や親子連れ、高齢の夫婦...

大地に、若い兵士のご遺体があるなんて、本当に、本当に、心が痛い

どうしたらこの先 安心した世界が作れるのか

誰か教えて下さい
普通に、仲良くなくてもいいから、普通の生活をみんなですること
平穏に生きていく世界は無理なんでしょうか?
いまでもずっと貧困とか紛争地帯とかあるだろうから
ほんとうに欺瞞でぬるい、平和ボケな自分が気持ち悪いけど

ただ普通に思ったように生きたい、それだけを約束できる何かはないんだろうか
喧嘩しながらでも、不満を持ちながらでもいい

どうしてそうなれないんだろう

なにか反省があるとしたら、それは今の戦争が止まってからにしてほしい
今そんな講釈たれてる状況じゃない、と思ってしまう

サッカー界がかっこいいと思った
震災のときは、メッシの日本へのメッセージが嬉しくて待受けにしたな

ウクライナ選手の反戦メッセージに警告出さず 主審の対応をネット絶賛「かなり異例」「正直驚き」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
 サッカーの欧州リーグ(EL)決勝トーナメントプレーオフ第2戦が24日、各地で行われ、アタランタ(イタリア)がオリンピアコス(ギリシャ)に3―0で勝利。ロシアのウクライナ侵攻を受け、ウクライナ代表M

今、勢いに任せて書いてしまいました
お見苦しいところ、誰かを刺激してしまう文章があったらごめんなさい
誰かを攻撃したり、避難する意図はありません
もしそうしてしまったら、それは私の筆の至らなさです


まずはこの数日ずーっとニュースに張り付いて携帯を見すぎて目がつかれたので、、
自分の日常をしっかりして、なにか力になれるくらい強くなるためにがんばります

The cruelty of continuing to watch the invasion of Ukraine on TV

I beg you, please stop the war.

Is there anything we can do about this situation?

As a dabbler in stocks, I was wondering if there might be some movement in Russia in the near future.
I’ve been watching the news from the brokerage firms.
But I knew it was unlikely, that it would never happen.
As a stockbroker, I have to deal with the news calmly.
Financial, economic, natural disasters, wars, and statements by important people are all factors that move stock prices.

The bigger the news, the bigger the move, so I was naive to think that nothing would happen.

It’s hard to believe that the images you see in front of you now are the reality of today.
Of course, there have been many wars, conflicts, and invasions in my lifetime.
I’m sure there are still many in various regions.
I don’t think I understood all of them or was able to support them.
I was so busy with my own life that I didn’t do any research and didn’t have any time to spare.
In retrospect, that may have been embarrassing for an international person.
But now, more than that, I want to write about what is going on right now.
I want to write what I think.

I can’t stop looking at my cell phone.
As an ordinary Japanese citizen, I’m watching the invasion of Ukraine as an event very close to my heart.
And I really can’t believe it from the bottom of my heart.
How can this be allowed, why is no one coming to help us?
How did we get into this situation, and why couldn’t we stop it?
Defense of the capital? Refugees? Underground shelters? I can’t believe it.
And yet, this is what is happening right now.
News, reports, social media, videos, the situation is changing one after another.
To be honest, I really can’t believe it.

There’s always nothing I can do, I’m so ashamed.
I’m always so busy with my own life that I don’t have time or determination to help others.
I am not familiar with international affairs and geopolitics.
My English is poor.
To be honest, I’m afraid to even write these thoughts in a place that is just for me right now.
I sincerely feel ashamed of myself and feel uncool.

It’s a shame that I can only do this now, but I went to Twitter and made a donation.

ウクライナ応援の寄付金口座はこちら。在日ウクライナ大使館が発表
ロシア軍の侵攻を受けているウクライナ政府が、ウクライナを応援したい人々に向けた寄付金を募っています

Maybe that’s just hypocrisy to put my mind at rest.
My family told me to stop looking at my phone all the time.
They’re right, but…
I really think I need to stop.
I’ve been crying too much.

From a person who experienced the Great East Japan Earthquake
I experienced the Great East Japan Earthquake on 2011.03.11.
There are many people who have experienced it.
To be honest, I think I’m on the light side.
And I think there are definitely parts that we cannot understand because of this difference between light and heavy.
My house was in a livable condition, food was manageable, and I kept my job.
But my father was in a different place from me, and I think he was mentally ill after that disaster.
It never went away.
And every time he talked about the disaster, he would say.
“No one came to help us.”
“There were helicopters flying, and they knew there were people here, but they went to the wrong place.”
This kind of grief will never go away.
And I’m still holding on to that feeling.

Well, I wanted my father to come back soon, but he didn’t contact us and kept working…
That’s why I resent him too.
We’re family, so it’s okay.
I can laugh and talk with my mother.

It’s hard even with nature, hatred for humans is hard.
What’s really sad is that there’s so much hatred and resentment being created right now.
Things like earthquakes and disasters are really painful.
Because we are dealing with nature, there is nowhere to vent our anger, which is also painful.
And things like bombs and missiles, which have people in the back, are very painful.

It’s like I can hear the sound of hatred.
Even though the numbers say how many people, hundreds of people, have died
It really means that only one person, that life, has died.
It is too light to let people know that their lives have been lost.

The use of nuclear weapons as a shield is unacceptable.
This is truly an unbelievable thought.
It is unacceptable to utter even one word of it.
Whether it is a nuclear ballistic missile or a nuclear power plant
Whether it’s nuclear ballistic missiles, nuclear power plants, or whatever, it’s a horrible weapon that will destroy the earth, annihilate people, and destroy the earth.
I don’t think we should even say a single word about such horrible weapons to scare people.

I still remember the horror I felt when the tsunami hit the Fukushima plant.
I thought it was the end of the world.
I thought that the world had already changed.

How many times does a human being have to go through such despair?
I’ll never forget the sight of the helicopter pouring water over the monitor.
I’ll never forget the panic I felt because I was afraid of radiation and didn’t know how to protect myself.
I’ll never forget the panic of not knowing what to do.
Batteries are gone.
No internet connection.
I don’t get surprised by earthquakes with a seismic intensity of 5 or less anymore, but if something happens to a nuclear power plant, I’ll be worried.

After the horrible things that happened in Hiroshima and Nagasaki.
And then there was Chernobyl and Fukushima.
I don’t want to say that history repeats itself.

I won’t discuss the issue of nuclear weapons for Japan’s defense here.

It’s hell at night when you can’t sleep in peace
When I see the evacuation centers and subways, I start to cry
Every time I hear the stories of ordinary citizens, I get emotional and painful
Maybe it’s arrogance and deception, but
I don’t know when I’ll be able to go home, I don’t know where I’ll go, I don’t know if I’ll have enough food, the floor is hard, I don’t know when my battery will be charged again.
I really don’t want to do that…
And at this point, I don’t know if I can make it back to my house.
I don’t know if my family is safe or if my friends are fine, right?
What kind of crazy situation is this?

Food, water, air, a place to sleep, privacy, and hygiene.
I just compare it to the early days of the earthquake.
Toilet paper is gone, water is the first thing to go.
There are people working in the midst of all this.
There are chic and cool people in the military and store clerks, and things that get buzz on social media.

When the earthquake hit, I thought about how accurate American information was, especially when it came to radiation levels, and how I had to keep checking.
In the early days, there’s a lot of adrenaline, a lot of getting worked up, a lot of not being able to sleep.
Then, after a while, the extraordinary becomes more ordinary.
You wake up in the morning and wonder why things are the way they are.
I was happy to see the support from various countries, I was moved to see celebrities cooking for the people.
I cried when I heard a song. I couldn’t listen to the music for a while, but it still stung, didn’t it?
In my case, when people say things like “bond” and “hang in there! In my case, I’m the kind of person who wilts when people say things like “Kizuna” and “Ganbaro!

I would like to write about what I felt at the time of the earthquake again in March.

I see that we received a lot of support from Ukraine, too.

東日本大震災関連情報


What the Japanese government can do and what I want them to do
I wondered what the Japanese government can do and what I want it to do.
Can we cooperate in the form of reconstruction assistance or humanitarian assistance?
We may be able to support those who have fled to neighboring countries.

If possible, I would like to send a lot of good Japanese food and soft mattresses, warmers, canned food, cup noodles, electrical appliances, etc.
I know I’m not even going there, but….
I know I’m not supposed to go to the disaster area, but I’m afraid to say this
So there is no way I can think about reconstruction.
When the time comes, there may be a lot of things that we can do with the knowledge of the earthquake and disaster.
But we are not in that situation now.
We have to stop it first.

I think the only thing we can do is to say, “No to war! is the only way.
Japan is against war! Nuclear weapons are not to be used as a threat! If Japan doesn’t say “No to war”, who will?

【速報】渋谷ハチ公前に群衆が・・・ 露 ウクライナ軍事侵攻に抗議 
ロシアによるウクライナに対する軍事侵攻に抗議して、土曜日の渋谷に群衆が・・・。日本に住むウクライナ人が、ロシアの軍事侵攻に抗議するために呼びかけたもので、午後1時ごろから、大勢の人たちが、東京のJR渋谷駅前のハチ公前広場周辺を埋め尽くした。ウクライナ人や他の外国人以上に、日本人の参加者が多く、若者や親子連れ、高齢の夫婦...


It’s really, really heartbreaking to see the bodies of young soldiers on the ground.

What can we do to make the world a safer place?
Please tell me.
It’s okay if we don’t get along, just live a normal life together.

Is it impossible to have a world where we can live in peace?
I’m sure there will always be poverty and war zones even now.
It’s really deceitful and lukewarm, and I’m sick of being a peace-loving person.

I just want to live my life the way I want to live it, and I wonder if there is anything that can promise that.
I don’t care if we’re fighting or complaining

I don’t know why I can’t do that.

If there is something to reflect on, I want it to be after the current war stops.
I don’t think this is the time to be lecturing about it.

I thought the soccer world was cool.
When the earthquake hit, Messi’s message to Japan made me happy and I put it on my standby.

ウクライナ選手の反戦メッセージに警告出さず 主審の対応をネット絶賛「かなり異例」「正直驚き」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
 サッカーの欧州リーグ(EL)決勝トーナメントプレーオフ第2戦が24日、各地で行われ、アタランタ(イタリア)がオリンピアコス(ギリシャ)に3―0で勝利。ロシアのウクライナ侵攻を受け、ウクライナ代表M

I’ve just written this on the spur of the moment.
I’m sorry if any part of it is unflattering or irritating to anyone.
It is not my intention to attack or condemn anyone.
If I have done so, it is because of my lack of writing skills.

First of all, I’ve been staring at the news and looking at my cell phone too much for the past few days, and my eyes have been burning.
I’ll do my best to get on with my daily life and become strong enough to help in some way.

Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)

コメント

タイトルとURLをコピーしました