【買取vsメルカリ】ゲームの買取、どっちがラク?!【ムダにしない】

お金をつくる
他の関連記事はこちら
 カテゴリ

そろそろこのゲーム、半年、一年、いやもう数年触ってすらいないな

メルカリが良いのかな?と聞いたけど、実際に自分でやるのは面倒くさい‥

  • もう遊ばなくなったゲームが手元にある
  • 子どもや家族が遊んでいたゲームだけど、自分では価値がわからない
  • できるだけ早く現金にしたい、時間と手間はかけたくない

そんなあなたへ、これまで240件以上の取引をメルカリで行ってきた経験から

この記事をお送りします!レッツ買取!!

この記事の結論

自分の手間を減らし、時間を大事にするなら 買取業者にしよう!

メルカリの方が良いか?と思ったけど‥

メルカリは非常に便利で、自分で値段付けをすることができます

ゲームやゲーム・ソフトは探している人も多く、比較的早めに売れる印象もあります

これまで240件以上の取引をメルカリで行ってきた経験からお伝えします

しかし、隠れたデメリットも‥

  • 値段付けが難しい
    • バーコードなどから売れた値段を自動入力できるが、ほとんどの場合この提示された金額でしか売れない
  • 写真を撮ったり、情報を入力するのが面倒くさい
  • 購入されるまで自分で保管しておかないといけない
  • 「お値下げ可能ですか」のコメントが面倒くさい
    • 必ず来るこの値下げコメント、数十円・数百円のせめぎあいが多いです‥
  • 売れたら自分で発送しないといけない
    • 発送方法でクレームが来ることもあり
    • 梱包用のダンボールや封筒は自分で用意する
    • 発送費用の負担は自分じゃないと売れないことが多い
  • 売上から1割が手数料として引かれる
  • 発送後に相手が受け取り確認しないと残高に反映されない
  • メルカリから銀行への振込依頼をするために必ず200円かかる
  • 売れなかったときに、いつ出品をやめるか判断ができない
  • 売れなかったときに、捨てる勇気が出ない

ああぁぁとってもとっても面倒くさい!!

便利だしそこそこの値段で売れることもあるけど、面倒くさい

それがメルカリなのです

慣れても、「写真を撮って出品する」作業が、重いんだよね‥

長い間 売れなかったソフトは結局捨てちゃったよ

メルカリ・買取業者の「手順の数」を比較してみた!

メルカリと買取業者を利用したときの「手順の数」で比較してみました

メルカリの場合 9手順

※メルカリのアプリをダウンロード・本人確認は済んでいるものとします

  1. 商品の写真を撮る
  2. 商品のバーコードから値段を設定する
    1. バーコードで見つけられない場合は自分で検索して探す
  3. 「カテゴリ」「商品の状態」「商品名と説明文」「配送方法」「発送費負担するかしないか」「発送する地域」「発送までの日数」を選択する
  4. 出品する
  5. 売れるまで待つ
    1. コメントで「値下げ可能か」ときたら対応する
  6. 売れたことを確認したら、コンビニか郵便局などへ持ち込み、QRコードから配送する
    1. 匿名配送じゃない場合は自分で送り状などを準備する
  7. 相手が受け取り、「受取評価」を押してくれるまで待つ
  8. メルカリの残高に「配送料」「手数料」が引かれた金額が反映される
  9. 銀行に入金申請をする
    1. 振込申請をした「曜日・時間」によりいつ振り込まれるかは異なる
    2. 早くて翌日・遅くて4日後

もちろんこれは、売れた場合の話

売れなかった場合は、

  • 出品を取りやめるのか?
  • 取りやめた商品はどうするのか?
  • 捨てるならいつ捨てるのか?

など、また新たに「決めなきゃいけないことが生まれてくる」のです‥

そのうえ、写真に撮ったり、コメント返したり、説明文を書いた労力はすべてムダになります

ゲームだからって何でも売れるわけじゃないからね

買取業者の場合 5手順

※ほとんどの場合、「査定無料」「査定時の配送料無料」となっています

  1. 買取業者の電話・もしくは入力フォームに「住所」「名前」などの連絡先を入力する
  2. 買取業者から梱包用のダンボールが送られてくる
  3. 梱包用のダンボールに「売りたいゲーム」などを梱包する
    1. 身分証のコピーや申込書に記入して一緒に入れることが多い
  4. 買取金額の連絡を待つ
  5. 納得したら、買取してもらい、銀行口座に振り込まれるのを待つ

梱包用のダンボールを自分で用意できる場合は、もっと手順が少なく済みます!

メルカリと比較すると約半分の手間

注意点は、

買取業者の査定に納得がいかなかった場合、「返送時の配送料」は自分が負担する事が多い

ということ

買取業者に頼むときには、「査定額には納得するつもり」でいるのが一番スムーズに進みます

メルカリで身バレする?

また、個人情報の観点からも気になる点が‥

メルカリでは

  • 出品者の場合:取引完了から、2週間経たないと商品ページを消せない
  • 購入者の場合:出品者が削除しないと消せない

このような条件があります

お名前や住所は、「匿名以外の方法」で出品者・購入者間でやり取りをしない限りわかることはない

しかし、

誰でも見られる「マーケット」内で

「発送する地域(都道府県)」「メルカリでのニックネーム」は都道府県で記載されています

特に珍しいレトロゲームなどの場合、「出品者」「購入者」の履歴から推測されてしまうかもしれません

「活動する名前」と「メルカリでのニックネーム」は分けた方が安全でしょう

もちろん都道府県くらいであれば気にしない場合は別ですが‥

もしメルカリを使う場合は、できる限り「匿名配送」を利用することをおすすめします

こうしてみると、意外とデメリットも多く、

腰が重くなり、面倒になって結局やらない‥ということも多いものです

買取業者に身分証のコピーなどを送るけど‥

買取は実店舗でも、宅配でも「身分証のコピー」などの提出が求められます

これは、法律で定められているため必要になります

身分証のコピーは「買取業者」が「会社として」適切に管理するよう義務付けられています

買取に身分証明書が必要な理由は、法律で定められているからです。
買取業者は都道府県の公安委員会から古物商許可証という許可をもらって、買取業社などは営業活動を行っています。

買取王子

Twiiterや自社のHPで「この商品を買い取りました!」を(宣伝のため)表示する業者はありますが、

そこには「〇〇県のお客様から」という表示はありません

特に「数が多い場合」は注意!

メルカリで数多く出品する場合、この手間が何倍にもなります

「まとめ売り」をする方も多いですが、

正直「人気作」や「欲しい人がいる」ゲーム・ソフト以外は売れ残ることが多く

その残りをまた出品するのか、やり直すのかなど

本当に面倒なことが多くなります‥

買取業者では10点以上で増額、などのキャンペーンをしているところも多いので

点数が多い場合は特に、一気に送って一括査定してもらう!をおすすめします

時間の浪費を防ごう

ゲーム機やソフトを売る場合、買取価格がいくら高いか、も重要ですが

正直、そこで生まれる差額は多くて数千円までではないでしょうか?

その数千円のために、そんなに時間を描けてしまってよいのでしょうか?

あなたの時間は、かけがえのないものです

不要なものを売る、そう決めたときに

「保管場所」や「そのソフトについて考えること」をやめようと決意したはずです

今の自分にとっては不要だから売る、そう決めたのに

未だに不要なものにとらわれていませんか?

貴方の時間をいかに浪費しないか

ここが重要です

数十円、数百円、数千円のために、何時間も比較検討するのでは、

あなたの時間がもったいない!!

その時間で、次のゲームを探したり、動画の編集をしたり、レベル上げをしたり、

できることはたくさんあるはずです!

1日は1440分しかありません

その大事な時間を

「このゲームは数十円」高く売れるのか?と悩んだり、

比較検討や探したりする時間に使わないことが大事です

マンガでわかる1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣 (フェニックスシリーズ No. 131) 

まとめ

今回は、メルカリを240件以上取引した経験から、

メルカリと買取業者の手間・面倒さを比較しました

次回は、買取業者の中から「ラクさ」を重視して、比較をしてみたいと思います

ほとんどの買取業者が「無料査定」「(査定時の)配送料負担」となっています

相手はプロなので、そこで値段がつかなかったら諦める、というのもいい方法です

まとめ
  • メルカリは高く売れることもあるが、出品の手間がめんどくさい
  • メルカリでも売れ残ることがある
  • メルカリで出品者・購入者の都道府県まで見ることができる
  • とくに大量のゲームソフトの場合、いちいち出品・コメント管理などはとても面倒くさい
    • 数十本出してもその中から数本しか売れないなどもよくある
  • 買取業者の手間はメルカリの半分
  • 買取業者はプロ
  • 不要なものを諦めるためにも業者の一括査定はおすすめ

[PR]

調べる予定の買取業者さん

コメント

タイトルとURLをコピーしました